2018年07月24日

先生頑張りました

1EB37234-C0AB-422F-83C1-9E74F2592092
昨年は4人のクラリネットでしたが、今回も「肩寄せ合ってするから大丈夫」とクラリネット5人とピアノのコンサートです。小松先生を慕って集まったスピリトのメンバーですがなんとも微笑ましい。
お客様も遠く富山、大阪、知多から続々とお見えになり、もうこれ以上は無理と私とピアノの調律師の田村さんは、お風呂場のイスと漬物の樽を腰掛けにして音だけ聴こえる場所でスタンバイでした。
昨年は体調もすぐれずの出演だった先生も、今年は一度も小松チェアーを使わずに出ずっぱりで頑張りました。つつみ夫妻の演奏も勿論息はピタリと合ってロマンチック、後半は玉手箱がキティちゃんのバッグで浦島太郎を全員で演奏。夜の部は先生につられて私も踊ってしまいました。
何とかクラリネットの音楽の良さを伝えたいとの思いがいっぱいで、今回も感動のコンサートになりました。毎年暮れには「国境なき医師団」への募金をしていますが、今回も熊本地震の時と同じ様に7月のコンサートから水害の被災地へ募金をさせて戴きました。
こうしてコンサートを開ける事に感謝です。

sawada_tomoko at 20:55│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔