2014年10月22日

あまりの感動に忘れました

尺八の梁山さんに琵琶が聴いてみたいとお願いしたのが、まぁ何と奥様で有名な琵琶の奏者坂田美子さんでした。コンサートの前日に三人で千葉よりお見えになってセッティング・音合わせ。
名古屋での演奏はあまりなさらないとの事で、当日は昼も夜も遠くからお弟子さん達もお見えになりました。
琵琶の音色が初めてというばかりか、お客様の誰もが今まで聴いた事のない美子さんの声に会場の空気の色さえ
変わるようでした。
三人の息の合った和楽器の演奏、歌ともなれば美子さんと美和さんのハーモニーに尺八の音色が声と間違えるかのように溶け込んでいました。
写真では近寄りがたい?いいえ三人がなんと人なつっこくて楽しい方達か、二晩のお喋りでお別れが本当にとても寂しく感じてしまいました。
演奏中に写真を撮り忘れて昼と夜の休憩中にパチリ!

002

sawada_tomoko at 20:02│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔