2011年04月20日

元気の薬

子供の頃、日曜日の朝だと思ったのですが色んな童話をテレビで放映する番組があって、外国で作られたものか俳優さんがすべて外人なので子供心にそれは全く現実身を持った童話の世界でした。
有名なプリンセスシリーズの「白雪姫」や「人魚姫」「シンデレラ」を夢見る思いで観ていましたが、その中であまり絵本でも見なかった塔の上から長い髪をたらしてそれに王子様がつかまって上って行く物語が鮮明に記憶に残っていました。
今回ディズニーのアニメになって上映されることになって、早速観に行ってきました。(この手の映画は一人が一番)
お姫様の名前も少しも記憶に残っていませんでしたが題名は「塔の上のラプンツェル」、3Dの映画を観るのも初めてでした。
吹き替えとは知らずに入ったのですが、それも正解で歌唱力のある声優さん達の歌声にどんどんと引き込まれていき、楽しくて可笑しくてそしてとても感動してしまいました。
このところ気持ちの沈んでしまうような日が続いていたのですが、なんだかとても元気が出て、映画は多く観る方だと思っていますが多分自分の一番好きなのはこんなのかな?と改めて確信してしまうほど良かった!
早速ラプンツェルグッズを買いに走ったのですが、残念すべて売り切れで何も残っていませんでした。
この春私の一押しの映画案内でした。

sawada_tomoko at 22:28│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔