2007年06月22日

ぶらり東京、庭園美術館と末廣亭へ

連休を利用して1日目は千葉にいる孫の顔を見に、2日目は前回東京へ行った時に地下鉄の広告でチェックしておいた庭園美術館へ。
まさしく私の大好きな「大正シック」なるテーマで西洋のモダニズムやアールデコの影響を受けた数々の作品が、それに合わせた様式で作られた建物の中でしっくりと調和しながら展示されていました。
そうして次は大将のお目当ての新宿末廣亭へ。もともと二人とも落語は好きな方でしたし、それに私は2週間前に映画の「しゃべれどもしゃべれども」を観たばかり。
入り口でお客の入りを(本当にいるのかしらと)心配しつつ入れば、なんとすでに一階の席は満員で靴を持って二階席へ。折しも寄せ文字の橘 右近さんの十三回忌追善公演で木久蔵さんやら三遊亭円歌さんが楽しませてくれました。
年配の方ばかりでなく学生風の若い子まで一緒に笑える、こうしたところがいつまでも残って欲しいそんな思いでした。
「50+」の格安企画を利用しての東京行きで、出掛けにあれやこれやしていたら名古屋駅での新幹線にギリギリでした。
お弁当を買っていざ乗ろうと思ったら大将が見えません。何処にいるかと携帯で聞けば、なんと間違えてすでにのぞみにのっているのではありませんか。
車掌さんは仕方がないと言ってくれたものの、ばつが悪く東京駅までデッキで新聞紙を敷いて座って行ったそうな。ふつう女房を置いて自分だけ乗る??おかげで出発そうそう私は弁当のやけ食いでした。孫の笑顔で癒されなければぶらり東京もなかったです、きっと......,。



sawada_tomoko at 23:29│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔