2006年03月

2006年03月30日

春の雪の日に......。

昨年の4月17日、私の上の娘の誕生日に友達の息子さんがたった2週間の闘病で亡くなってしまいました。昨年の暮れに喪中の葉書きでその事を知りました。
あまりにも突然で彼女の悲しみを思うと電話も出来ず、白い便箋を前に書く言葉も見つからないでなんとか短いお悔やみだけをを書いて出しました。
学生時代の3人組だったもう一人の友達と一緒に、やっと今日お参りに行って来ました。「こちらは雪だから暖かくして来てね」とのメールのとおり、鵜沼の駅に降りればうっすらと雪が残っていました。
亡くなる半年前の会社の健康診断でもなんの異常もなくわずかな自覚症状で病院に入ってがんの宣告を受け2週間の生命だったそうです。
帰りぎわに息子さんのお友達も弔辞で読んでくれたからと「1000の風」という本を渡してくれました。
2、3日前の暖かさから云えば嘘の様な春の雪でした。その本のとおり雪になって息子さんが彼女の悲しみを包んでくれたのかもしれません。


sawada_tomoko at 23:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日記 

2006年03月29日

これでも決心がいりました。

4月から日曜日のお昼の営業は慶事・仏事とか宴会等のお集まりのご予約のみにさせていただく事にしました。
以前は日曜日のお昼は、まわりの会社が休みのところが多く平日ほどの忙しさはありませんでしたが、このところ通りの交通量も多くなったせいなのかそれともお店の名前を知ってもらえる様になったのか??お昼もとても忙しくなってしまいました。
平日ほどパートさんも揃えていませんし、仕込みにも追われるばかりでそのまま夜の忙しさに入つてしまいますのでほとんど休憩時間はありません。
私も持病の腰痛がひどくこのままでは大将まで体を壊しかねません。
残念ながら私達には後継者はいないので、細く長くやっていくためにも決心する事にしました。どうかご理解下さるようお願いします。
おかげ様で4月のはじめの日曜日にはご法事の予約がすでに入りましたが、フリーのお客様をやりながらではないので、そのために気をもむこともなくより行き届いたおもてなしが出来るようになると思います。そのようにも努めますのでどうか宜しくお願い申し上げます。

sawada_tomoko at 08:28|PermalinkComments(4)TrackBack(0)お店からのお知らせ 

2006年03月18日

そして富士宮の焼きそばです。

毎年続いている富士山を見る旅行と切り離せないのが富士宮の焼きそばです
うどんではこしがあるかないかとよく言われますが、焼きそばも同様このこしのあるのがおいしいのです。
特徴は「肉かす」なるものを入れる事と最後に削り粉をたっぷりかけます。
私はしめじやら人参の細切、もちろんキャベツも角切りして野菜を多く入れるようにしています。麺がどうしても硬いので、焼いておいてからお水か適当にあるダシで少し蒸します。
先月郵便局の「グルメ麺」に載っていましたのでさっそく取り寄せてみました。ちなみにこれは3月末までとの事。
直接お店に頼めば送ってもらえます。お値段も手ごろなのでちょつと差し上げるのにもとても喜ばれると思います。
         叶屋   筍娃毅苅-23-2942
        マルモ食品 筍娃毅苅粥檻横掘檻横坑毅粥

sawada_tomoko at 09:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2006年03月17日

やっぱり富士山が好き!

久々のブログです。操作方法を間違えて投稿できずあきらめていたのですが、なんとかまた書き込む事が出来るようになりました。
お店の連休を作るようになってから毎年泊まりに行っているのが「休暇村富士」です。ここへ写真を載せられないのが残念なのですが、休暇村の建物の前には、人口の湖「田貫湖」があってそこに逆さの富士山が写ります。
日本人なら誰でもと思っているのですが、あまりに間近に富士山の美しい姿を見ると
思わず手を合わせたくなってしまいます。
部屋の窓から見える大きな富士山は、時間とともに色々な表情に変わる様でいつまで観ていても飽きることがありません。
自分はこんなに富士山が好きだったのかと毎回見る度にそんな思いが強くなります。
休暇村は食事も大変おいしく施設もきれいで、お値段も安い。
私は夏には行った事がありませんが蛍も見られるそうです。
とにかくイチオシのお薦めの宿ですので機会があったら是非一度行ってみてください。
        休暇村富士  筍娃毅苅粥檻毅粥檻毅横娃

sawada_tomoko at 14:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2006年03月07日

子育て頑張れ!

先日も2歳位の子供連れのお母さん20人の食事会がありました。チビちゃんも合わせると40人です。私たちの時代、子育ての間は(特に赤ちゃんから3歳位の低年齢の子供を抱えている間)なかなか外食をするということはありませんでした。
しかし今の時代は核家族が多く、ご主人が仕事で出てしまうと家ではお母さんと子供だけというケースがほとんどです。実家が近ければたまの息抜きも出来るでしょうがこの頃では近所もそれほどオープンではありませんし、どうしても今の若いママ達はストレスも溜まってしまうと思います。
たまにはランチしながら子育てなどの情報交換もいいですよね。
そこでお願いがあります。ファミレスと違って当店の様な小さなお店ではお昼時は大変混み合います。気兼ねなくゆっくり召し上がっていただくためにも少し時間をずらせて来ていただけたらと思います。決められた時間しかないお仕事の方を優先させてあげたいのでどうかよろしくお願いします。


sawada_tomoko at 00:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お店からのお知らせ