2006年02月

2006年02月28日

お雛祭りにおいで下さい。

毎年バレンタインには男性のお客様にチョコレート、雛祭りには女性のお客様に雛あられをプレゼントをしています。ほんの少しなのですがとても喜んでくださって、開店以来32年間ずっと続けています。
特に雛祭りのあられのプレゼントは、子供さんはもちろん年配の方までとても嬉しそうなお顔をされます。
この時期お店の入り口に飾ってあるお雛様は、大将が生まれたときに大将おお父さんの実家から送られた物だそうです。「男の子なのになぜ?」と聞いたことがあるのですが間違いではないとの事。
私がお嫁に行った時にはバラバラになった御殿飾りと一緒に箱に入れてありました。もう57年前のものになってしまました。
私には自分のお雛様がなかったのでなんとなく愛おしくて処分できませんでした。
御船では4月3日が雛祭りですので、3月いっぱいは出しておこうと思っています。
年齢を重ねるほど雛祭りの華やかさが嬉しくて、大事にしたいと思うのは私だけでしょうか?

sawada_tomoko at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2006年02月22日

かすがモリモリ村 ご存知ですか?

以前はどんなに寒くても休みになると勇んでゴルフに出かけていた大将でしたが、
ここ3,4年前から1月と2月はアッシー君になってあちこちへと私達の言うままに車を走らせます。
先週は大将の両親を連れてお伊勢さんへ。明日は私の姉と妹、その友達も連れて春日のモリモリ村へ行ってきます。雑誌の「サライ」で見てからここ数年、この時期になると薬草のお湯が恋しくなって出かけます。
村営なのでしょうか入浴料も400円と安く、露天風呂こそありませんがたっぷりの薬草を入れた薬湯は、体ばかりか頭の中まで十分にリラックスさせてくれます。
第三日曜の早朝には朝市があり薬草茶、薬草弁当、入浴用薬草などの販売があって人気の市だそうです。(残念ながらまだ私は一度も行ってはいないのですが)
行った時に必ず買って来る入浴剤は、ここ一番頑張った時の自分へのごほうびにお風呂へ入れる事にしています。
まだあまり知られていないと思いますが、よろしかったら是非お薦めの場所です。

モリモリ村 リフレッシュ館 0585-58-0003
http;//www.ginet.or.jp/kasuga/ 休館日;毎週水曜日

sawada_tomoko at 23:40|PermalinkComments(7)TrackBack(0)日記 

2006年02月07日

応援しています!

平日の夜トレーニングシャツを着た若い男の子達がかたまって、時にはお店のメニューとは少し違った食事をしているのを見かけると思います。
もう十数年、中央発條の陸上部の晩御飯を頼まれて作っています。
ギョーザ、カレー、うな丼、ちらし寿司等なんでもありですから隣のテーブルのお客様が不思議そうな顔をしているのも無理はありません。
毎日の事なので飽きないことはもちろん栄養のバランスも考えてと、お母さんが子供の食事を作るのと同じです。
冬場には色々なレースが行われますが、その中でも特に力を入れて応援するのが毎年2月に開催される「名岐駅伝」です。うちの店からも今年は8人が応援バスに乗り込みました。ケニアを含めた外国人の補強が当たり前になった中で、純国産チームでなんとか好成績を出そうと頑張っています。
必死に走っている姿を見ると、もう何位になろうと関係ありません。見ているだけで胸がいっぱいになるくらい感激してしまいます。予約が入らない限り来年もお店を休んで応援に行くつもりです。



sawada_tomoko at 23:21|PermalinkComments(16)TrackBack(0)日記 

2006年02月01日

匿名のくいしんぼうさんありがとうございました。

「リビング」と云う折込の新聞にランチの日替わり弁当の記事を投稿していただきましてありがとうございました。
28日の土曜日発行されたそうで、月曜日には問い合わせの電話も多く初めての方も多く来て頂きました。
お店の大きさの割には中で働いている人数に多さにまず驚かれると思います。暇な時はお客様より多い(笑)。
主婦の方ならおわかりだと思います。野菜の煮物がいかに手がかかるかが。
小さなお弁当箱ですが、あれだけの種類を毎日日替わりで作るとなるとお店を開いていない時間でも、ひたすら仕込みをしています。
大将も自分の体力と相談しながら「ランチができるのもあと何年かなー」と考えているそです。
それでもくいしんぼうさんの様な方がいらっしゃると、もう少し頑張ろうかと励まされます。

sawada_tomoko at 23:39|PermalinkComments(1)TrackBack(0)日記