2018年05月25日

5周年を迎えました。

1A91BFA0-0662-4BAB-B0EF-7E27309A7AE4
ギヤラリーでのコンサートを始めて、もう5周年が経ってしまいました。回数で54回目です。
気持ちの中でも区切りという感じで、3ヶ月休んでいたコンサートを再開したいと思い頑張る事にしました。
演奏者は実力派揃いの「ニュートンズ」。
バックは5周年のお祝いとの事で大小の箱を、ペーパーバックから飛び出る感じでお客様へのプレゼントのイメージでした。
何より嬉しかったのは久々にお客さまにお会い出来たこと、一緒に楽しい演奏を聴けた事です。
休んでいた間二階へ上がり、ホールにピアノがポツンと置いてあるのを見た時からに、「もう一度皆んなで一緒に聴きたい!」そんな思いを強く感じました。
コンサートは自分がどんなに頑張っても、来ていただけるお客様がいなくては開く事が出来ません。
おかげさまで再開出来た事に本当に感謝しています、有難うございました。



sawada_tomoko at 07:28|PermalinkComments(0)

2018年03月15日

春が来たよ

AC33BBEB-3AB7-462E-A355-4EDF82B1EA95
庭のクリスマスローズ。
咲く時期と名前がこうも合わない花はないですね。
何とも優しい色で下を向いて咲いている。
切っては可哀想、がくも直ぐに落ちてしまいます。

季節を忘れずに芽を出す樹々や草花から元気をもらいます。
三月も半ばになり、やっと痛みも楽になりました。
お友達、お客様にも本当にご心配いただいて感謝するばかりです。


sawada_tomoko at 15:39|PermalinkComments(0)

2018年02月24日

満腹になります

6E32D05C-5267-4ECB-A3AA-9A02FE17EB6A
1日3回、1日4回、1日2回と痛み止めも増えて薬を飲むのも仕事です。
肺の開胸の手術を受けた人の8割が、この神経の痛みに悩まされているとか。
傷の痛みは日を追うごとに楽になりますが、それとは別なところが痛い!
身体の不思議なところです。

sawada_tomoko at 10:57|PermalinkComments(0)

2018年02月17日

手術を受けました

768242CE-DF7F-494A-8F5C-28A9A8333195
かねてから経過観察をしていたのですが、とうとう手術をしなければと云う事になり
1月25日に藤田保健衛生大で、右肺を半分切除する手術を受けました。
予定では腹腔手術でとの事でしたが、静脈からの出血多量で急きょ切開手術になったため
術後はとても辛い思いをしました。
3週間の日にちが過ぎて、傷はそれなりに回復したものの、思いもかけない神経の流れから来る痛み
で、見た目には何も変化の見られない場所が日を追うごとに痛み出し夜も眠れない日が二週間続きました。
体力も気力も限界に来たので、昨日診察日を繰り上げて診てもらいました。
結果、さらに新しい痛み止めを追加してもらい昨夜は久々に眠る事が出来こうしてブログを更新も出来るようになりました。
痛みの強さは自分の我慢が足りないのかとか、明日になればもう少し楽になるのかとかで主治医に伝える難しさがありますが、兎に角これで元気になれそうな気がします。






sawada_tomoko at 10:52|PermalinkComments(0)

2018年01月22日

間違いなしでした

C340A76F-3163-48B5-A764-CEB8349C7F3A
毎年恒例の一月は「風の音寄席」、今回は3年間続いた南天さんに代わり
桂 まん我さんにお願いする事になりました。
主催者としてはこれがなかなか難しく、南天さんが良かっただけに期待度も大。
外野の声を気にしながらまん我さんにお願いする事にしました。
「自慢じゃ無いが」とここから私の自慢ですが、
寄席のホールとしては当方は丁度良い大きさだと思っていまして、マイクを使わず手元もしっかり見えます。高座もめくりもちゃんとしたもので私としては自慢のしつらえ。
一番の自慢は何と言ってもお客様です。
しっかり笑い、じ〜と聴いてる。まん我さんもそれにつられて初めての所ながら
力も入りました。人情話では泣いている人もいたと、前からお客様を見ている常ちゃんも
言っていました。
先ずはやれやれ、これでゆっくり休めます。次回の二階はいつから出来るかしら?
5月で五周年を迎える前のお休みをいただきます。


sawada_tomoko at 02:00|PermalinkComments(0)